耳鼻咽喉科 阪神西宮駅前 みみ はな のど クリニック|みみの症状から調べる

阪神西宮駅前 みみ はな のど クリニックロゴマーク

SYMPTOM

症状から調べる

阪神西宮駅前 みみはなのどクリニックTOP > 症状から調べる-「みみ」の症状から調べる

耳が痛い、耳だれがでる、聞こえが悪い、耳が詰まる、などの症状には、早期に治療をすれば治る病気もあれば重大な病気が隠れていることもあります。
どのような病気も早期の発見、早期の治療が大切です。
「いつもと違うな」と思ったら、早めにご相談ください。

「みみ」の症状から調べるイメージアイコン

「みみ」
の症状から調べる

リストマーク耳が痛い

耳の炎症が原因で痛みを自覚する疾患として急性中耳炎外耳炎、鼓膜炎などが挙げられます。

水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化による耳帯状疱疹の場合、耳の激しい痛みに加えて顔面神経麻痺、回転性めまい、難聴も生じる可能性があります。また外傷外耳道異物、腫瘍などが原因で痛みを生じる場合もあります。
耳以外の場所が原因で耳の痛みが生じる場合も少なくありません。
中耳は咽頭と同じ神経(舌咽神経)が感覚を支配しているので、咽頭炎でこの神経が刺激されると耳が痛いと感じることもあります。
その他、顎関節症耳管開放症なども考えられます。

リストマーク耳だれがでる

「耳だれ」は耳から液体の出てくる状態のことです。
原因によって液体の性状は異なり、漿液性、膿性、粘液性、粘膿性、水様性、血性など様々です。

外耳道湿疹外耳炎によるものは漿液性で、細菌感染を起こすと膿性になります。中耳炎により中耳から発生する「耳だれ」は、粘液性で細菌感染を起こすと粘膿性になります。
側頭骨骨折などの原因で内耳から髄液が外耳道に流出すると水様性になります。
また悪性腫瘍などの疾患では、血性耳漏を認めることがあります。

リストマーク聞こえが悪い

耳が聞こえにくい状態は「難聴」とも呼ばれます。

「一側性(片耳)の難聴」、「突然の難聴」、「良くなったり悪くなったりすることを繰り返す難聴」、「耳鳴りやめまいを伴う難聴」、「耳だれや耳痛を伴う難聴」は、突発性難聴メニエール病外リンパ瘻、中耳炎などの可能性があり診断と治療を早急に行う必要があります。
一方、加齢性難聴は長い年月をかけて徐々に難聴がすすむ状態で、誰しもがいつかは経験することになりますが補聴器の効果が期待できます。
詳しくは当院の補聴器外来ホームページをご覧ください。

矢印補聴器外来を見る

聞こえが悪い老人のイメージイラスト

リストマーク耳鳴りがする

耳鳴りとは、実際には音がしていない状況にもかかわらず、何かが鳴っている様に聞こえる現象です。

耳鳴りを自覚する人は人口の約10~15%存在し、さらに約300万人の方が耳鳴りに悩み耳鼻咽喉科を受診していると報告されています。
耳鳴りがする人の約9割には聴力低下があると言われています。
特に治療するべき疾患が他にない時はたとえわずかな聴力低下でも、まずは聴力を補うことが治療の第1歩です。
詳しくは当院の耳鳴り外来ホームページをご覧ください。

矢印耳鳴り外来を見る

リストマーク耳がつまる

耳に栓をした感覚、水が入ったような感覚、ボワーンとした感覚は、外耳、中耳、内耳、いずれに原因があっても起こります。

【外耳の場合】
外耳炎の分泌物や耳垢異物による閉塞、プールや風呂で入ったなどで耳のつまる感覚が出現します。
【中耳の場合】
耳管狭窄症耳管開放症滲出性中耳炎などで耳のつまり感が出現します。
【内耳の場合】
内耳性難聴で耳のつまり感を訴えることが多く、耳鳴りやめまいを伴うこともあります。急性低音障害型感音難聴メニエール病突発性難聴などでよくみられる症状です。
WEB予約
WEB問診

ページトップへ